複利運用の力

FX

どうも(‘ω’)ノサラリーマントレーダーのまーやんです!

今回は複利運用の力というテーマでお伝えしていきたいと思います。

複利運用とは?

複利運用とは元本によって得た利益を再投資することによって利益が利益を生む運用方法です。一方単利運用では元本に対する利益は常に一定になる運用方法です。

年率5%の利益になる金融商品を元本100万円を20年間運用した場合、単利運用と複利運用でどれだけ利益が変わってくるのかを見ていきましょう。

単利運用の場合20年で200万円に対して複利運用の場合だと265万円とその差は65万円と同じリターンなのに単利と複利で結構な差になることがわかっていただけたと思います。

複利運用は利率は低くても時間が長ければ長いほど図のように利益が雪だるま式に増えていくのです。

FXで複利運用するには

前の記事で1回のトレードにとるリスクは資金の2%までにするべきということを書きました。

これはトレードで勝って資金が増えるたびにリスクをとる金額も上がってくるということです。

ただトレードで勝ったり負けたりして資金が増減するたびにその都度リスクを変えるよりは最初に決めた2%以内のリスクを固定して最低でも半年もしくは1年間運用して資金が増えてたらリスクをとる金額を上げるか検討するようにしましょう。もちろんその際も資金の2%以内です。

そうすることによって資金が増えるたびにとれるリスクもあがっていき加速度的に資金をふやすことができ複利運用の効果が得られます。

2%リスクで固定した場合、トレードで負けて資金が減ると残り資金に対してとるリスクが2%を超えてきますが1か月単位で負けていなければ変えなくて大丈夫です。

まとめ

あの天才科学者アインシュタインが『人類最大の発明は複利だ』といったほど複利の力は凄いものです!ただその効果を得るためには長い時間が必要なので早いうちから資産運用を始めることをおススメします!

 

 

←応援ありがとうございます(゚∀゚)

海外FXランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました