海外FXと国内FXの税金の違い

FX

どうも(‘ω’)ノサラリーマントレーダーのまーやんです!

海外FX口座は税金は払わなくてもいいと思われるてる方がいらっしゃるかもしれませんが結論から言うと国内FXであろうと海外FXであろうと税金は払わなくてはいけません!

年間にどれぐらい利益をだしたら確定申告の必要がある?

確定申告はサラリーマンで給与がある方は年間20万円以上の利益、それ以外で収入がない方は38万円以上の利益がでると確定申告する必要があります。

これは国内FXと海外FXは同じなのですが両者では課税の方式が異なります。

国内FXと海外FXでは税の制度が違う?

国内FXは申告分離課税といって税率が一律20.315%なのに対して、海外FXは総合課税の累進課税が適用されるため利益が増える度に税率が上がる仕組みになっています。

 

課税される所得金額住民税率(一律10%)所得税率控除額
195万以下10%所得税5%0円
195万~330万10%所得税10%97,500円
330万~695万10%所得税20%427,500円
695万~900万10%所得税23%636,000円
900万~1800万10%所得税33%1,536,000円
1800万~4000万10%所得税40%2,796,000円
4000万以上10%所得税45%4,796,000円

さらに2013年~2037年の間に生ずる所得に対して2.1%の復興特別所得税がかかります。(所得税×2.1%=復興特別所得税)

課税される所得金額はサラリーマンの所得とFXの利益を合算した額の税率が適用されます。

年収400万円のサラリーマンが海外FXで50万円の利益を出した場合(源泉徴収あり)

年収400万円で会社から源泉徴収があるサラリーマンを例に説明していきます。

ご自身の源泉徴収票と照らし合わせて見ていただくと理解しやすいと思います。まずは所得税の金額からはじき出していきます。

年収400万円のサラリーマンの給与所得控除後の金額は276万円になります。源泉徴収票の給与所得控除後の金額という欄があるのでそこをみれば分かります。

下の表で計算すると400万円×20%+44万円=124万円、  これを年収400万円から引くと276万円(給与所得控除後の金額)となります。

給与等の収入金額(源泉徴収票の支払金額)給与所得控除額
1,800,000円以下収入金額×40%-100,000円 550,000円に満たない場合には、550,000円
1,800,000円超  3,600,000円以下収入金額×30%+80,000円
3,600,000円超  6,600,000円以下収入金額×20%+440,000円
6,600,000円超  8,500,000円以下収入金額×10%+1,100,000円
8,500,000円超1,950,000円(上限)

(令和2年以降の表)

そこから所得控除の額の合計額の欄を見ます。所得控除は基礎控除38万円の他に社会保険料控除、配偶者控除、扶養控除と色々あるので人によって使える控除が変わってきます。ここの控除項目が多いと所得を少なくすることができてその分払う税金を少なくすることができます。ここでは基礎控除38万円と社会保険料控除62万円の合計100万円とします。

276万円(給与所得控除後の金額)ー100万円(所得控除の額の合計額)+50万円(FX利益)=226万円(課税される所得金額)

226万円を所得税の表に当てはめて計算すると226万円×10%-97500円=128500円(所得税の金額)となります。

サラリーマンは会社から源泉徴収されていると思いますのでそれも源泉徴収票の源泉徴収税額という欄に書いてあります。ここでは源泉徴収税額10万円とします。

128500円-100000円=28500円が収める所得税になります。

このほかに復興特別所得税というのがあって128500円(所得税の金額)×2.1%=2700円(復興特別所得税)

28500円+2700円=30200円が最終的に収める所得税の金額になります。

 

次に住民税の金額をはじき出していきます。

住民税の場合、基礎控除は33万円なので先ほどの(所得控除の額の合計額)は95万円となり課税される所得が若干変わってきますがここでは分かりやすくするため先ほどだした所得金額のまま計算します。そのため数千円ほどの差異があります。

226万円(課税される所得金額)に対しての10%の226000円が住民税額になります。

サラリーマンは276万円(給与所得控除後の金額)から100万円(所得控除の額の合計額)を引いた176万円の10%の176000円が毎月の給与から12回に分けて月割りで天引きされています。

なのでその差額が納める住民税の額になります。

226000円(FXを含めた分)-176000円(会社だけの分)=50000円(納める住民税)

確定申告の際は申告用紙に住民税の納付方法を普通徴収にするかと特別徴収にするかの2つのチェック項目があります。

普通徴収をチェックした場合は自分で5万円納めることになりますが、特別徴収をチェックした場合は会社の給与天引きになるため会社に副業がバレる可能性があります。会社にバレたくないという方は普通徴収にチェックするのを忘れないようにして下さい。

30200円+50000円=80200円(最終的に払う税金)

所得税の30200円は確定申告時に納付しますが、住民税の50000円は6月頃に市区町村役場から納税通知書と納付書が送られてくるのでそれをもとに役所やコンビニで納付することになります!

忘れた頃に住民税の通知書がくるので使ってしまわないように先に用意しておき別で保管しておくことを強くオススメします!笑

この例で見ると海外FXで50万円利益を出したことによって支払う税金は80200円なので国内FXより税金は少なくて済みます。国内FXだと一律20.315%なので50万円の利益に対して101575円の税金がかかるのでその差は20000円以上あります!

またこの例では経費は含まていないので経費を計上して所得を減らすことによってこれよりもっと払う税金を少なくすることができます!

FXではどういった経費が使えるのか、また節税方法などはこの後に紹介します!

他からの収入のない専業トレーダーが海外FXで200万円の利益を出した場合

今度は専業トレーダーが海外FXで年間200万の利益を出した場合の税金の説明をしていきます。

専業トレーダーの場合は先ほどのサラリーマンの例と違って会社からの天引きがないのでシンプルに計算できます。

まずは所得税の金額からはじき出していきます。ここでは基礎控除38万円を入れて計算していきます。

200万円(FX利益)-38万円(基礎控除)=162万円(課税される所得金額)

162万円(課税される所得金額)×5%(所得税率)=81000円(所得税)

81000円(所得税)×2.1%=1700円(復興特別所得税)

81000円+1700円=82700円(収める所得税の金額)

 

続いて住民税の計算をしていきます。

162万円(課税される所得金額)×10%(住民税率)=162000円(収める住民税の金額)

82700円+162000円=244700円(最終的に払う税金)

FXで年間200万円の利益を出すことによって国内FXだと税金約40万円に対して海外FXだと約25万円なんで断然海外FXの方が税金は安くなります!

国内FXの20.315%を超える税率の分岐点が課税される所得金額約430万円なので専業トレーダーの方は年間利益がそれ以下に収まりそうなら海外FXの方を利用し430万円以上超えてきたら国内FXに移行するのをおススメします!

海外FXは損失の繰り越しができない

国内FXは3年間損失の繰り越しができますが海外FXだとこれができません。

損失の繰り越しができないとどうなるのかというと、今年100万円損失をだして来年に100万円利益を出したとするとその100万円が課税対象になってしまいます。

まあこれは年間トータルで勝ち続ければ問題ないので全く気にしてないです(;・∀・)

海外FXの節税方法

経費を増やして所得を減らす

FX取引にかかる費用は経費として申告することができるので、可能な限り経費を増やして所得を減らすことで節税することができます。

経費にできる項目

パソコン、スマホ等の購入費用
通信料(プロバイダー料、携帯料金)
書籍、雑誌代
セミナー受講費
自動売買システム購入費
トレーダーと情報交換する際の飲食費
セミナーや情報交換会の交通費や宿泊費
家賃(トレードに使用する部屋の割合分)

この他にもまだあると思いますが、要はFXの取引に必要なものはなんでも申告できるということです。ただしそれが認められるかどうかは税務署次第なのでもし調査されても説明できるように領収書などはとっておく癖をつけておきましょう。

両建てを活用する

FXは確定した利益が所得になるので含み益の状態で年をまたいでも所得が増えることはありません。そこで両建てを利用して今まで確定した利益を含み益の状態に変えます。

例えば今年は100万円の利益で終わりそうだという時にドル/円を100万通貨で両建てをします。そして1円どちらかに動いたとしたら100万円の含み益と100万円の含み損の状態になるので100万円の含み損のポジションを決済してさらに両建てしなおします。すると100万円の含み益ポジションの出来上がりです!

これでその年の利益はプラマイゼロになって確定申告しなくて済みます。

そして年が明けたときに両建てポジションを決済すると100万円の利益になります。

決済したあとに両建てしなおすのを忘れると含み益が減るリスクがあるので気をつけないといけません!

また両建ての場合スプレッドが2回分とさらに両建てし直すときの1回と合計3回分のスプレッドが発生し、さらに両建てしている間スワップ差が毎日発生してしまうのでそのコストと税金繰り延べ効果を天秤にかけて考える必要があります。

この方法は節税というよりは税金の繰り延べになるのでいつかは必ず税金を払う時がやってきます。

海外FXは損失の繰り越しができないので両建てで税金の繰り延べをしていつか大きめの損失を出した年に確定してしまうという方法もあります。

まとめ

海外FXはハイレバレッジでありゼロカットを採用していてさらにボーナスが豊富なので稼げる環境がかなり整っています!

自己資金が少ないトレーダーからすると救世主的存在です!

そんな海外FXを税金が高いと思い込んでやらないと決めつけているのは非常にもったいないことです!

先ほど例をだして税金を計算した通り実際は海外FXの方が税金が安くなることもあるということが分かって頂けたと思います。

サラリーマンの方は年収400万円以上あってもそこから給与所得控除や各種控除を引くと課税される所得が大幅に減り、会社で天引きされる税金分を引いて計算してみると海外FXの方が税金安くなることがあるので一度ご自身の源泉徴収票を元に計算してみることをオススメします!

専業トレーダーの方は課税される所得金額約430万円が海外FXと国内FXの税率の分岐点になるのでそれを踏まえた上で決めるのがいいと思います。

ぜひ参考にしていただければ幸いです(*’▽’)

稼ぎやすい環境の海外FX業者XMの口座開設はこちらからどうぞ👇

←応援ありがとうございます(゚∀゚)
海外FXランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました